白金台駅/白金高輪駅/恵比寿駅/広尾駅のどこの駅からも行ける港区のしろがね鍼灸整骨院

痛みの原因について

慢性的な肩、首の痛み

人の頭の重さは個人差はありますが成人で5〜7Kgです。その重い頭を支えているのが首や肩であり、 前かがみの姿勢や目線が下がっている時はつねに首に負担がかかっています。 パソコンや家事などで長時間同じ姿勢が続けば筋肉が緊張して疲労がたまり、血液循環の悪化、目の疲れ、 手指のしびれやむくみ、精神的ストレスなどが重なり、痛みやコリとなって現れます。

寝違い

朝起きたら首を動かそうとしたら痛くて動かせない、首が回らないなど 寝違いの原因は、睡眠中の不自然な姿勢だけが原因と思われておりますが、 実際は日常的な首の疲労の蓄積が原因となっています。 疲労のピーク時に不自然な姿勢で睡眠をとる事によって首の筋肉が伸ばされ寝違いとなるわけです。

肩こり

長時間の同じ姿勢が続けば、筋肉は緊張して疲労し、血行不良をとなり、乳酸という疲労性物質がたまってきます。 これが一般的に肩コリと呼ばれているものです。ただし場合によっては何かしらの病気が原因の時もありますので注意が必要です。

テニス肘、ゴルフ肘

スポーツや日常生活において手首を甲側に曲げる(背屈)動作や親指側に曲げる動作を繰り返していると 筋肉の付着部である肘の外側にストレスが溜まり、炎症をともなう痛みが現れます。 医学的には上腕骨外側上顆炎といいますが、一般的にはテニスのバックハンド打ちで右肘を痛めることが知られておりテニスエルボーと呼ばれています。 ゴルフではショットの時、左手首が外側に返る打ち方をしていると起こりやすく、ゴルフエルボーと呼ばれています。

腱鞘炎

日頃から手を使いすぎることにより指の腱を抑えている鞘(さや)である腱鞘とよばれる部分が炎症を起こすものを「腱鞘炎」と言います。 腱鞘炎になると指先の細かい仕事で指を動かした時に痛みや動きづらさを感じます。 ひどくなると指を曲げると伸びなくなり、無理やり伸ばすと急にばねで跳ね上がるように伸びる「ばね指」になってしまいます。 親指で起こるものを「ドゥケルバン病」といい、親指を入れて握りこぶしをつくると親指に痛みが走ります。

腰痛

腰痛のほとんどは、運動不足、ストレス、慢性疲労、悪い姿勢、肥満、弱い筋肉などによって起こる、いわゆる「腰痛症」と言われるものです。 腰痛症は、ひと言でいえば原因不明の症状で、腰の骨から来るものではありません。 X写真を見ても異常がなく、内臓などほかの要因もないのに腰が痛むというものです。 中腰の姿勢で仕事をする人や、長時間すわり仕事をする人などに多く、筋肉の疲労が積み重なって起こると考えられています。 しかも、背骨の筋肉が緊張するような姿勢を長時間とりつづけると筋肉がかたくこわばり、ウッ血して痛みを起こすのです。

ギックリ腰

重い物を持ち上げた時に起こるイメージが強いですが、実際は顔を洗う際や物を取るなどで状態を前かがみにした時や、 座りっぱなしや立ちっぱなしなどの同じ姿勢が長時間続いた時に発生しやすいです。 また慢性的な疲労が蓄積している時に、腰に負担がかかる事が重なった時にぎっくり腰になる事が多いです。 日頃からの疲れが一番の原因と言えるので、疲れが蓄積する前に対処しましょう。

坐骨神経痛

慢性的な腰の痛み、腰椎椎間板ヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症などさまざまな疾患でみられる神経症状です。 基本的には腰骨から伸びている坐骨神経にたいして圧迫や締め付けなど負担がかかっていると感じるもので、 症状としてはしびれ、痛み、感覚の異常、動きがにぶい等さまざまです。 腰部が原因となりますが、症状の出る部分は腰に限らずお尻やふくらはぎ、足先など腰から下の部分にも見られます。